賃貸で暮らす意義とは

不動産を賃貸するという暮らし方は昔から当たり前のように行われてきました。
その一方で将来は自分で不動産を購入し、持ち家で暮らしたいという方もいることでしょう。
賃貸と持ち家にはそれぞれ良い面があり、時代によってそのメリットも変わってきます。
今回は持ち家と比較していきながら賃貸で暮らすことの意義について詳しく見ていきましょう。

賃貸と持ち家の最も大きな違いは、毎月の支出が家賃なのかローンの支払いなのかという点です。
家賃とは貸主に対して毎月払うお金のことで、手元に何も残らないと主張する方もいます。
ローンの支払いは結局のところ家を買う代金となるわけですから、
数十年後の未来を見据えると不動産という財産が残る持ち家の方がお得に思えるかもしれません。
確かに不動産は財産の筆頭となりますが、将来に亘ってそれを維持していくことの難しさを忘れていると、不動産の良い面だけにとらわれがちです。

不動産はお手入れや補修をすることで初めて資産的価値を維持することが出来ます。
10年も暮らせば多少なりともガタが来るものですから、持ち家の場合はそのときの補修費を自分で支払わなくてはいけないのです。
賃貸の場合は共益費などを支払ってさえいれば、実際に補修する際の費用は貸主負担してくれます。
持ち家の広さにもよりますが、暮らしている年月が長いほど持ち家のランニングコストも高くなる傾向にあるのです。
ローンを組むということは、生活が苦しくなったときに支払いをどうするかという不安が常に頭を過ります。
現在は仕事が安定していても、将来は何が起こるかわからないのが人生です。

賃貸の場合は不測の事態が発生して、現在の家賃を払うのが難しいと判断した場合、
もっと家賃が安い場所に引っ越すという避難をすることが出来ます。
こうしたネガティブな要因だけではなく、賃貸はフレキシブルな姿勢で様々な場所に転居出来るというのが強みなのです。
永住の地決めた場所に持ち家を立てたけれど、年を重ねるごとに違う地で暮らしたくなってきたという場合、
持ち家であるがゆえにフットワークが重くなってしまう可能性を否定出来ません。

賃貸であれば、思い立ったように引っ越しをすることも可能ですから
自由なライフスタイルを好む方にとっては、持ち家よりも価値があるといえるのです。
賃貸で生活することの大きなメリットは、様々な土地で暮らすという選択肢を人生において残しておけるという点にあります。
持ち家を立てた方でも、それを賃貸物件として不動産業者に委託し、
別の物件を賃貸するという暮らし方も出来ますが、都市部での空き家が社会問題にもなっている昨今、
借り手が不足していくという将来を予測するのは難しくありません。

持ち家という財産の価値を見出すには、賢い運用方法で利益を出していくか、
自らの手で手垢が付くほど住むというのが現状残されている方法といえます。
賃貸物件は時代と共に進化を続けています。
一昔前では考えられなかった防犯システムや、共同住宅における住人に飲み解放された共同スペースなど、
より生活の質を豊かにしてくれる特徴を持つ物件が増えているのです。
現在は安アパートでも、将来はこうした物件に少しずつ段階を上げて生活の質を高めていくというのも賃貸生活の楽しみ方の一つです。
賃貸と持ち家の比較は一概にどちらが優れているということは難しい状況にあります。

しかし賃貸は将来性を考えたら絶対的に損であるとか、持ち家こそがその人のステータスだという考えは
もはや古い価値観になりつつあるということだけは間違いありません。
賃貸物件だけで将来を過ごしていこうと考えている方も少なからず存在しますし、
そういった方に向けた物件を不動産業者もまた取り揃えています。
将来持ち家と賃貸のどちらにするのかを選択するに迫られた場合は、
自分のライフスタイルと理想とする将来像を重ね合わせたうえで、家族と話し合いながら決定していきましょう。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA