特殊な賃貸契約物件

不動産の賃貸において、一般的なのが2年の契約を更新していくという形の契約です。
学生時代の一人暮らしなど、その地域に数年間住むことが前提として存在するのであれば、こういった契約は非常に有効といえます。
しかし、ライフスタイルの多様化と共に新たな形の賃貸契約が生まれつつあるのもまた事実なのです。
今回は、賃貸契約の中でも特殊な形式といえる契約方法について詳しく見ていきましょう。

短期間の居住場所が欲しいという人から利用されることが多いものといえばマンスリーマンションが挙げられます。
マンスリーマンションとはその名の通り3カ月を一つの単位として契約するタイプの賃貸物件です。
3カ月というと短く感じるかもしれませんが、1年の4分の1にあたるわけですから
季節をまるまるそこで過ごすことになるという点に注目してみてください。
仕事の都合上短期間の研修に行かなくてはいけないといった方を筆頭に、
2年という賃貸の基本的な契約期間では長いと感じる人たちから支持されています。

マンスリーマンションの特徴としては、家具や家電が最初から備わっている物件が多いという点が重宝されています。
引っ越しの度に家具や家電を移動させるのは面倒ですし、
どうせ短期間しかいないのに引っ越し業者を利用するというのも経済的負担が大きいといえます。
マンスリーマンションはそこで過ごすのが短期間であるという利用者の特徴を汲み取って、
あらかじめ家具や家電を備え付けてくれているのです。

また、それだけではなく日常的に消費するトイレットペーパーなどの備品もあらかじめ用意されています。
賃貸物件というよりも長期間滞在出来るホテルのような感覚するという人が多いのもマンスリーマンションによく見られる傾向なのです。
賃貸物件を借りる際に初期費用として数えられる出費の中には、マンスリーマンションでは必要とされていないものがあります。

敷金や礼金といった類のお金が良い例です。
こういった支出は家賃の1か月分に相当するのが常であり、初期費用は最終的に家賃の数カ月から半年ほど必要になるというケースも少なくありません。
これではマンスリーマンションにおいて実際に支払う家賃よりも多くなってしまい、損をしたような気分に陥る借主もいることでしょう。
そのため、多くのマンスリーマンションでは敷金や礼金を省いて利用出来るという契約にしているのです。
月々の電気代や水道代が低額になっているというマンスリーマンションもあり、
通常の賃貸とは異なった形式で利用する借主にとっては、便利に感じられるサービスが充実しているのです。

ご紹介したような特徴を持つマンスリーマンションは、不動産会社に問い合わせて賃貸するというのが一般的です。
気になった方は各不動産会社のホームページからマンスリーマンションの項目をチェックしてみてください。
不動産を賃貸する側ではなく、経営する側にとって特殊な契約としてはサブリースというものがあります。
こちらは不動産をお持ちの方が自分で経営するのではなく、不動産業者に委託するという形で賃貸を展開するというものです。
借りる側からすれば不動産会社で紹介される物件が増えるというメリットがありますし、
物件は持っているけれど不動産経営は初心者という人からしたら、賃貸のプロである不動産会社の手を借りられるというお得な面も見られます。

サブリース契約をすることで、物件を不動産会社に貸し出した側には月々の家賃保証が得られるという魅力があるのです。
家賃保証とは、空室になっていたとしてもその物件に全て人が入居しているとして
設定した家賃の分だけの収入を不動産会社から得られるというものです。
自分で借り手を探すのが困難という家主の方にとっては、安定した収入が得られる人気を集めています。
特殊な形の賃貸契約を活用して、暮らしを豊かで充実してものに変えていきましょう。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA